ラベル

2017-03-12

伊勢和紙、軍道紙を使った調理実習




週末は、料理研究家の児玉友紀子先生による、手毬ずし三種と桜餅 の調理実習@渋谷区大和田文化センターに参加。

料理を和紙で【包む】という一般的な方法に、桜リキュールでの香りづけなど新しいアプローチがあった。写真は包みを開いたところ。

使用したのは、伊勢和紙の三椏和紙と、あきる野市の軍道の楮紙。どちらも、化学薬品を極力使わないで作られた手漉き和紙なので食品に触れても安全だ。

調理実習など高校以来だったので大変懐かしかった。

写真は、博多で作られた醤油スプレーである。醤油をスプレーするという発想はなかなかやるな、と唸らせる。男の背中が笑いを誘ってくるのだが、味はダシがよく効いている。