ラベル

2016-03-26

手漉き和紙でメモバインダ作りワークショップ 東京都下水道局三河島水再生センター【さくら観賞会】


今日は、NPO法人ピアラスが実施する「 手漉き和紙でメモバインダを作るワークショップ」の運営サポートをしてきました。今日は東京の町屋駅にある下水道局三河島水再生センター【さくら観賞会】の日で、たくさんの団体や企業がブースを出展していました。
 千代田線町屋駅から都電でちょっと行くと、入り口です。
 ピアラスは毎年違うテーマで出展していて、今年で4回目です。
 メモバインダのできあがり用にサンプルがあってよかった!参加者もできあがりをイメージしやすかったようです。
今回のメモバインダは、和紙の原料である楮の廃材を使って作ります。

 朝の10時からお客さんが来はじめて、あっというまに親子100人来場、材料が全部はけました!昼過ぎまで座るヒマがないぐらい、一気にお客さんがきました。
子どもから大人まで無料で15分程度で作れるというところが参加しやすかったようです。
管理人も参加者の誘導や作り方を教えたりして、塾の先生のアルバイトを思い出したような。1人1人自由に、色とりどりの手漉き和紙をちぎったり貼ったりして工作を楽しんでいました。

帰りにデニーズで2人でお茶していたら、隣にたまたま座っていたおじいさん2人に「おごってあげるよ」と声を掛けられ、なんとパンケーキをごちそうになることに・・・!そのかわり、おじいさんの若い頃の話(学生時代の話、疎開の話、工場の経営の話、夫婦の話、夜這の(脱線))を聞くことに。

帰りぎわ、「今日は前期ね。後期がまだあるから来年の今ごろに(会いましょ)」

町屋駅の今川焼がおすすめというので、いくつか買って帰りました。ここは皮が薄く、餡子がみっちり詰まっていてとってもボリューミー!

町屋に行くとイタリア人にナンパされます。
桜は来週に咲きそうです。