ラベル

2014-02-20

アンディ・ウォーホル展

※出典:「アンディ・ウォーホル展」ポスターより

アンディ・ウォーホル展、昨日いってきました!気がつけば最近行く美術館は、森美術館ばかり。大型の箱なのでいつも見ごたえがあります。
アンディ・ウォーホルは元々広告のクリエイティブを作っていたということもあり、キャンベルスープやセレブリティなどキャッチーなアートが多いのですが、いまでもアンディ・ウォーホルからヒントを得たようなアートは世界のそこらじゅうに見ることができ、いかに彼の影響力が大きいかをこの展覧会で感じることができました。

和紙雑貨に活用できそうなインスピレーションもわいたし。
アンディ・ウォーホルのデザイン好きには、圧倒的に掲載点数が多い展覧会図録がおすすめです。色の組み合わせやレイアウトなど、ヒントになるものが多いと思います。

彼が言ったとされる言葉が会場内に掲示してあるのですが、
アンディ・ウォーホルは「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」という言葉を残しました。
そしてその後これを撤回し、
「いや、将来、誰でも15分以内に世界的な有名人になれるだろう」と予言しました。
youtubeなどを使えば、世界の人に自分の姿をみてもらえるネット時代が到来しましたが、彼はこれをすでに見すえていたのでしょうか。
彼は自分の番組を作りたいと言っていました。今、ちょうどその時代なのですね。